名古屋で運命を変える医療脱毛

VIO脱毛のやり方について

VIOを脱毛することで、かゆみや臭い対策になったり、生理時のムレやかぶれの軽減など女性特有のトラブル解消にもつながるとされ、若い女性を中心に施術を受ける人が増えてきています。VIO脱毛を自分で行うとカミソリ負けをしたりと肌トラブルを引き起こすこともあるため、一般的には、VIO脱毛を行なっているサロンやクリニックに通うことになります。施術の際には、ほとんどの場合、用意されている専用の下着である紙パンツをはいたまま施術を行うことになります。Vラインと呼ばれる太ももの付け根のビキニラインでは、仰向けに寝そべり、足をまっすぐ閉じた状態のまま施術を受けることが多いです。

専用の下着ではなく、タオルを巻き、ずらしながら照射していくところもあります。専用の下着は、普通のパンツの形であったり、Tバックだったりとサロンに寄って異なります。クリニックによっては、自前のTバックを用意する必要もあるため、カウンセリング時などに確認しておく必要があります。Vラインの場合も仰向けになって寝そべるところまでは一緒ですが、片足ずつ膝を立て、外側へと足を倒した状態で施術を行います。

Oラインの場合は、うつ伏せの状態で行うところと四つん這いになって施術するところが多いです。Oラインの場合は、おしりの割れ目を広げながら照射することになりますが、おしり以外はブランケットなどで覆ってくれるところもあります。恥ずかしい時には、スタッフに相談してみることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *