名古屋で運命を変える医療脱毛

永久脱毛する前に知っておくこと

永久脱毛とは脱毛を終了してから1か月後の時点の毛の再生率が20パーセント以下の状態になること、と米国電気脱毛協会が定めた定義があります。その他国内の定義では脱毛終了後6か月以内に毛が再生しないと定義しているところもありまったく毛が生えてこない状態を永久脱毛というわけではなく、それぞれのサロンや医療機関独自の考え方をしていることがあります。永久脱毛は本来医療機関のレーザーやニードルを使った脱毛でしか行うことができず、サロンで行っている光脱毛は毛根に与えるエネルギーが弱いため脱毛ではなく減毛ということになりますが、何度も繰り返して施術を行うことで毛母や毛乳頭にダメージを与えて毛の生えにくい状態を作り出すことができます。医師が施術をすることで強いレーザーを使用できる医療機関で脱毛を行う場合でも、毛には肌の中で生え変わりを待っている休止期があるため複数回の施術が必要になります。

レーザーを利用できないサロンではフラッシュ脱毛が一般的ですが、フラッシュ脱毛の場合には生えにくい状態を作るまでに約3年必要となります。レーザーでもないのに短期間で脱毛が完了する、と謳っているサロンは永久脱毛の定義が他とは異なる場合があり思っていた仕上がりにならないこともあります。またサロンでは脱毛を完了する3年の間にサロンが閉店してしまうこともあり施術ができなくなる恐れがあるため、契約の際にローンを組む場合には注意が必要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *