名古屋で運命を変える医療脱毛

永久脱毛の定義と種類

永久脱毛という言葉をよく耳にするようになりましたが、実際永久脱毛の定義とは何かを知っている人は多くはないのではないでしょうか。米国電気脱毛協会による永久脱毛の定義は、「最終脱毛から1ヶ月経過した時点でムダ毛の再生率が20%以下である脱毛方法」となっています。永久と言っても必ずしも脱毛効果が永久に持続するというわけではないのです。ただし実際永久脱毛として認められている脱毛方法の多くは、ほぼ半永久的と言ってよいほど長期間に渡って脱毛効果が持続することがわかっており、優れた脱毛方法であることに違いはありません。

では具体的にどのような脱毛方法があるかというと、フラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛などがあります。フラッシュ脱毛はエステで行われている脱毛方法で、光を照射して毛根の細胞を熱で破壊して脱毛するというものです。医療レーザー脱毛は皮膚科などで行われている脱毛方法で、フラッシュ脱毛とメカニズムはほぼ同じですが医療用の高出力レーザーが使用されるため、フラッシュ脱毛よりも効果の現れ方が速いという特徴があります。いずれの方法でも毛根に熱のダメージを与え、毛根の細胞を破壊することによってムダ毛の発毛を抑制するという仕組みで脱毛します。

一度破壊された毛母細胞は基本的に再生することがありませんので、半永久的に脱毛効果が持続します。本当に永久に効果が続くかどうかはこれらの脱毛方法が誕生してからの歴史が浅いため明言されていませんが、多くの人が数年以上という長期間ムダ毛の再生がなかったと実感しており、効果の高さに間違いはないと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *