名古屋で運命を変える医療脱毛

医療レーザー脱毛に使われる脱毛機の種類について

医療レーザー脱毛で使用する脱毛機にはいくつか種類があり、それぞれに異なった特徴があります。現在最も多くのクリニックで医療レーザー脱毛に使用されているのは、アレキサンドライトレーザーとダイオードレーザーです。アレキサンドライトレーザーはアレキサンドライトという宝石を利用してレーザーを発するもので、その波長は755nm。黒色にのみ反応し、あらゆる肌タイプに適した機種といわれています。

しみやにきびの治療にも使用され、美肌効果もありますが少々痛みが強いのが難点です。ダイオードレーザーは光源にダイオードを使用したもので、波長は810nm。冷却システムを搭載し、肌へのダメージや痛みを弱めているのが特徴です。レーザーが苦手とする産毛や細い毛にも対応でき、色素沈着のある部分にも使用できます。

照射口が四角いので打ち漏れがなく、短時間で処理できるのも利点となっています。ダイオードレーザーの最新機種であるライトシェアデュエットは、皮膚を吸引する独自の方式で、ほぼ無痛に近い施術を実現しています。ヤグレーザーは1064nmと波長がもっとも長く、肌の深い部分にまで届くので、男性のヒゲ脱毛に適しているといわれています。メラニンへの吸収率が低めなので、日焼けした肌にも使えますが、その分脱毛効果は弱くなっています。

このようにそれぞれ違った特徴があるので、なるべく複数の機種をそろえたクリニックでレーザー脱毛を受けるのがおすすめです。状況に応じて機種を選び、最適な施術を行うことが可能となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *